来月3歳になる娘と、1歳半離れている長男は、保育園での連絡帳ではよく「ラブラブ」と称していただいている程の仲良しさん。

 

長女は、本当に2歳?といわれるほどませているときもあれば、ママを相手にするとまだまだ赤ちゃん返りも頻繁におこす甘えん坊です。

 

でも、長男を見ていると・・・うちの場合ですが、色々な面で女の子の成長は早いものなんだなと実感する部分が多々あります。

長女が1歳のころは、一生餅を担いで立ち上がり、更に歩いて見せました。

長男が1歳の時は、まだ歩けなかった長男ですが、お餅を背負わせるだけでギャン泣きして、立ち上がることも放棄してました(笑)

 

その子その子によって色々違うんだなーと、思わされます。

 

今、娘はパパやママの言っていることを一生懸命聞こうとし、自分の気持ちや行動を一生懸命伝えようとします。

 

先日買い物に行ったとき、目に留まったアンパンマンの花火を見て、どうしても欲しいとゴネて泣いてしまいそうになった時。

 

どうして買いたくなかった私は(笑)、とりあえず買わないでいたい理由を話してみました。

 

「今、パパが具合悪くなったからお買い物に来たんだよ」

「これは花火って言って、とってもきれいでとっても賑やかでとっても明るいんだよ」

「みんなで一緒にやったらきっと楽しいね、やってみたいね」

「でも、パパ今具合悪くてねんねしてるから、パパ一緒に出来ないよ」

「パパが元気になってから一緒にやりたいね」

「今日は、買って帰っても出来ないね」

 

私のキャパだとこれぐらいが限界(笑)で、これでダメだったらどうするかなー、泣いちゃうだろうなー、と思っていた時に、

「パパが元気になってから買う」

と、納得してくれた娘に、私の方が驚いてしまいました。

 

ちっちゃいなりにたくさん考えて、そういう風に答えてくれた娘に脱帽です。

きっと、息子が今の娘ぐらいの年齢になったときは、同じように話しても絶対無理なんじゃなかろうかと思ってしまうほど素直に驚きました。

 

私から言わせれば、娘も息子もまだまだ赤ちゃんの範囲なので

この時のように大きな成長を見せられると少し寂しさすら感じるのは、本当に親の勝手なんだろうなとも思うのですが(笑)

 

今日もたくさん抱っこして、たくさん甘えさせよう、とちっちゃく決意表明。(`・ω・)q