日々の子育てでも仕事でも、最近よく考えるのがタイトルの『アウトプットの重要性』。

 

日々子育てのちょっとしたこと、自分の健康や美容のことでもスマホやパソコンで簡単に調べることができる世の中ですが、せっかく調べた内容もアウトプットしなければその場限りですぐ忘れてしまうことがとても多いです。

 

子供のころにやった読書感想文も、アウトプットのひとつだったんだなと大人になってからわかりました。

 

最近では、いろいろなことがあまりにも簡単に、しかもすぐ調べられる世の中ですから、調べた内容をすぐ忘れてしまってもまたすぐ調べなおせばいいやと考えてしまいます。

でもせっかくですから、自分が興味をもって調べた内容を自分の中にとりこみ、それを自分の知識と出来たら、それは自分の財産になるのだろうなとも思います。

 

私がこのブログを立ち上げたのも、そうしてすぐ忘れてしまうことが勿体ないなと感じたからにほかありません。

 

2歳9か月の長女は、保育園でトイレトレを開始してもうすぐオムツが外れるかという頃。

1歳2か月の長男は、長女のそのころと違ってまだ「あー」「うー」などの喃語が多いのですが、最近になってようやく「まーまー」などそれっぽい単語を言うようになってきたなど。

記憶に残しておきたいこともきっとすぐ忘れてしまうだろうから、こうしてたまに文章にして、更には後から見れるようなかたちで残しておかなければ、きっと勿体ない。